menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 薬剤のことは専門家に任せよう!
  2. ホワイトニング剤に処方箋が必要な理由とは
  3. 処方箋が必要なものと不要なものがあるのはなぜ?
  4. ホワイトニングにおける処方箋の取り扱い
閉じる

ホワイトニング歯科医による処方箋解説

処方箋が必要なものと不要なものがあるのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽多種多様なホワイトニング剤

歯のホワイトニングというと、歯科クリニックやホワイトニングサロンでの処置がまず頭に思い浮かびますよね。けれども、薬局やドラッグストアにも、沢山のオーラルケア商品が並んでおり、ホワイトニングに関する薬剤も目につくことでしょう。

特に、インターネット上には、さらに多くの商品が販売されており、それぞれにどういった違いがあるのか、正直わかりにくいですよね。そこでまず前提として、歯医者による処方箋が必要かどうか、という基準を設けて、これらについて考えてみましょう。

▽過酸化水素系のホワイトニング剤には処方箋が必要

ホワイトニングサロンなどで行ってくれるオフィスホワイトニングやホームホワイトニングでは、過酸化水素系の薬剤が使用されています。この薬剤は、素人が勝手に使用するには、少し危険なものと言えます。

ですので、処方箋なしでは勝手に販売してはいけません、といったことが法律に定められています。それなら、ドラッグストアなどで購入できるオーラルケア用品には、過酸化水素や過酸化尿素といった薬剤が含まれていないのか、という疑問が生まれますよね。

その通りです。ですので、市販のホワイトニング剤というのは、歯科医師が使用しているものとは根本的に異なるとお考え下さい。ただし、個人輸入した過酸化水素系のホワイトニング剤を販売しているネットショップは存在しています。こういうケースでは、処方箋なしで過酸化水素系のホワイトニング剤を入手することができてしまうのです。

関連記事

  1. ホワイトニングにおける処方箋の取り扱い

  2. 薬剤のことは専門家に任せよう!

  3. ホワイトニング剤に処方箋が必要な理由とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 何事も、専門家の意見に従って行った方が上手くいくものです。それは、歯のホワイトニングも同じです。…
  2. ▽ホワイトニング剤の濃度について歯医者の処方箋が必要となるホワイトニング剤というのは、過酸化尿素…
  3. ▽多種多様なホワイトニング剤歯のホワイトニングというと、歯科クリニックやホワイトニングサロンでの…
  4. ▽ホワイトニング剤には処方箋が必要?ホワイトニングサロンや歯科クリニックでは、特別な薬剤を使用す…
ページ上部へ戻る