menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 薬剤のことは専門家に任せよう!
  2. ホワイトニング剤に処方箋が必要な理由とは
  3. 処方箋が必要なものと不要なものがあるのはなぜ?
  4. ホワイトニングにおける処方箋の取り扱い
閉じる

ホワイトニング歯科医による処方箋解説

ホワイトニングにおける処方箋の取り扱い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ホワイトニング剤には処方箋が必要?

ホワイトニングサロンや歯科クリニックでは、特別な薬剤を使用することがあります。オフィスホワイトニングで用いられる過酸化水素がその代表です。

過酸化水素を含むホワイトニング剤は、濃度が高いと口腔内でトラブルを招きかねません。ですので、国家資格をもった歯科医師の指導の元、使用することとなるのです。

では、いわゆる「処方箋」を出してもらって使用する薬剤というのは、どういったものがあるのでしょうか。

▽ホームホワイトニングで処方される薬剤

歯のホワイトニングで処方されるは、基本的に過酸化尿素をベースとしたホワイトニング剤です。この過酸化尿素も、結果的に口腔内で過酸化水素となるため、購入する際には処方箋が必要となります。

ですので、過酸化尿素が含まれるホワイトニング剤というのは、市販されていません。ドラックストアなどのオーラルケア用品を手に取ってみるとわかりますが、それらは基本的に歯磨粉でしかないのです。

その他、ホワイトニングサロンや審美歯科クリニックでは、歯の状態に応じて知覚過敏に対する薬剤を処方してくれることがあります。これは、オフィスホワイトニングで知覚過敏の症状が現れた場合です。具体体的には、ボルタレンやロキソニンといった消炎鎮痛薬が処方されることになります。

関連記事

  1. ホワイトニング剤に処方箋が必要な理由とは

  2. 処方箋が必要なものと不要なものがあるのはなぜ?

  3. 薬剤のことは専門家に任せよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 何事も、専門家の意見に従って行った方が上手くいくものです。それは、歯のホワイトニングも同じです。…
  2. ▽ホワイトニング剤の濃度について歯医者の処方箋が必要となるホワイトニング剤というのは、過酸化尿素…
  3. ▽多種多様なホワイトニング剤歯のホワイトニングというと、歯科クリニックやホワイトニングサロンでの…
  4. ▽ホワイトニング剤には処方箋が必要?ホワイトニングサロンや歯科クリニックでは、特別な薬剤を使用す…
ページ上部へ戻る