menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 薬剤のことは専門家に任せよう!
  2. ホワイトニング剤に処方箋が必要な理由とは
  3. 処方箋が必要なものと不要なものがあるのはなぜ?
  4. ホワイトニングにおける処方箋の取り扱い
閉じる

ホワイトニング歯科医による処方箋解説

explanation for prescription by teeth bleaching expert

ホワイトニングサロンで出される処方箋

ph002▽処方箋ってなに?

体調を崩して病院へ行くと、必ずと言って良いほどお薬を出されますよね。最近では、風邪をひいただけでも、通常の風邪薬に加え、複数の漢方薬などが出されるようになりました。この時、薬を薬局で購入するのに必要となるのが処方箋です。

処方箋には、薬の名前や用法、用量、それから分量や使用期間などが細かく記載されています。この処方箋を書くことができるのは、医師と歯科医師、それから獣医師のみとなっています。でも、歯科クリニックで診療を受けて、処方箋を書かれるというのは、それほど頻繁にはないですよね?

▽歯科で出される処方箋は限られている

歯科クリニックでは、虫歯治療や歯周病治療がメインとなります。その他、親知らずを抜歯したりしますが、こういった処置で必要になってくる薬剤というのは、かなり限られています。

具体的には、腫れを抑えるための抗炎症薬や痛みを抑えるための鎮痛薬です。それから、抜歯をした際には細菌感染を防ぐために、抗菌薬などが処方されることもあります。このように、歯医者が処方箋を書く薬剤というのは、おおよそ決まっているのです。

▽ホワイトニングサロンではどんな薬剤が処方されるの?

では、歯のホワイトニングを審美歯科やホワイトニングサロンで受けて場合はどうなのでしょうか。一般歯科の治療と大きく異なるのは、やはり過酸化水素や過酸化尿素が配合されているホワイトニング剤の処方ですね。

特に、自宅で歯を白くするホームホワイトニングでは、過酸化尿素が含まれているホワイトニング剤を購入しなければならないので、処方箋が出されることになります。ホームホワイトニングと言っても、始めにカウンセリングを受けることになりますので、どういったホワイトニングが適しているのかも、きちんと判断してもらうことができます。その上で、ホワイトニング剤の濃度も選択してくれるので、ホームホワイトニングと言えども、安全に歯を白くすることができるのです。

▽処方箋なしでも効果の高いホワイトニング剤を購入できる!?

実は、歯医者で処方箋で購入することができるホワイトニング剤と同じものを、ネットショップで販売していることがあります。濃度に関しても複数用意されているので、購入者自身が選ぶことが可能です。けれども、本来こうしたホワイトニング剤は、プロの診断を受けた後に選択肢、購入するものです。

また、使用方法等もきちんとレクチャーを受ける必要があるため、やはり処方箋なしで購入するのはお勧めできません。いくら歯を白くするためだけの薬剤と言えども、お薬はお薬です。決まりに従って使用することが望ましいと言えます。

近年ホワイトニングが非常に注目を集めております。

大学生の頃からとても著名な方々にかわいがってもらっており、いわゆる夜のお店などにもたくさん連れて行ってもらっていました。
そんな中、女性の話している間やはり歯にばかり目が行くようになりまして、ホワイトニングのことを教えると、どの女性も興味を持ってくれました。
そういった方々の施術を行っているうちにホワイトニングをしたことで、女性がどんどん魅力的に変わっていくのがわかりました。

私はここにこれからの歯科の生きる道を見つけた思いでホワイトニングを普及させようと開業。
このサイトでは、処方箋についての説明を中心にホワイトニングに対する皆さんの知識を高めて頂ければと思います。

ページ上部へ戻る